香典の包み方

香典袋は、宗教などにより数種類ありますが、一番一般的なのは「御霊前」です。
御霊前は宗教に関係なく使用できる袋ですので、故人の信じている宗教が分からなくても心配要りません。

香典袋は、忌み言葉からか不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)と呼ばれることがあります。

香典の包み方と書き方

香典袋の金額も千差万別ありますが、5千円までは水引が印刷された簡易の香典袋でも良いでしょう。1万円を超える場合はちゃんと水引の付いた、金額に見合った香典袋を御用意ください。

袱紗に包まれる香典袋

袱紗に包まれる香典袋

水引の結び方には理由があります。
一般的に売られている香典袋の多くが、「結び切り」か「あわび結び」で一度結んだら解けないものになっています。これはこのような不幸は一度きりでとの思いが込められています。

水引月の香典袋の場合、外包みのたたみ方に決まりがあります。
裏側の折り返しですが、上の紙を下の紙にかぶせ水引きの紐をかけます。上の紙が頭を下げている様に見え、悲しみを表現しているとも言われます。

また、お札は肖像画の表をそろえ、中包みの封筒を開けた時に顔が見えるように入れます。また、いわゆるピン札の紙幣は、葬儀を予想していたと思われるのを避けるため、わざと折り目をつけたりすることがあります。とは言えくしゃくしゃなお札ではなく、できるだけきれいなお札を包みましょう。

神道、キリスト教の香典

お花料と書かれた香典袋

お花料と書かれた香典袋

故人が信じておられた信仰が神道やキリスト教であっても、「御霊前」の香典袋を使っても差し支えありません。「霊」は魂を意味し仏教的な意味はありません。
あえて神道らしい香典袋でお渡ししたい場合は、「玉串料」や「御榊料」の香典袋を使うと良いでしょう。

キリスト教である場合は、「お花料」と記された香典袋を使うと良いでしょう。


「【葬】人生最期の舞台」の関連記事



関連タグ:
カテゴリー:【葬】人生最期の舞台   最終更新日:2013年8月29日
冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集