会葬返礼、香典返し

葬儀に参列し、故人の冥福をお祈りした後に会葬返礼を受け取ります。
この会葬返礼は、香典の有無に関係なく最後のお別れの場に参列していただいたことに感謝を表します。

会葬返礼の慣例や金額

葬儀に会葬していただいた感謝

葬儀に会葬していただいた感謝

友人や知人、会社の同僚など平均的な香典金額5千円を基準に、その半額2,500円前後の品物を会葬返礼としてお渡しするのが通例です。
多くの場合、5千円以下の香典では会葬返礼のみで、四十九日後の香典返しを省略する場合が多いようです。

葬儀を上げた経験がある方は、会葬返礼品のおおよその金額を知っていますし、包んだ香典金額に相応するものが良いでしょう。高額な会葬返礼品ですと受け取った側が恐縮してしまいますし、あまりに安価の商品で、故人の名を汚したくないとの思いもあります。

香典返しの慣習と金額

香典返しの品物

香典返しの品物

1万円以上の香典を包まれた方は、四十九日過ぎに香典返しをお送りしましょう。
域差もあり各地域の慣わし風習などがあり、年配の方や葬儀社に御相談すると良いでしょう。

慣例とされているのが香典金額の3割から半額程度の物品とされています。
あまりに高額になると、会葬返礼と香典返しで香典金額を上回ってしまいます。
そうなると、せっかく互助精神で包んだ香典の意味がなくなります。

香典返し不要のマナー

日頃から親交が密な家族や親戚には、香典返しを省く場合もあるようです。
香典の本来の目的は、ご遺族に対しての互助精神から来るもので、お返しを求めたりすることこそマナー違反です。

そこで香典袋の中袋や裏に「香典返しは不要です」と書き添える方いらっしゃいます。ご遺族への想いを一層表す、温かい心遣いと感じます。
ただ、四十九日を過ぎたらお葉書にて、会葬のお礼とお返し辞退の感謝をお伝えするのが良いと思います。お返し不要ですが、連絡が途絶えるのもまたマナー違反です。


「【葬】人生最期の舞台」の関連記事



関連タグ:
カテゴリー:【葬】人生最期の舞台   最終更新日:2013年8月29日
冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集