日本の風習ニュースのトップ >>  【終活】安心の為に > 遺言でのお墓を継ぐ人を決める方法

遺言でのお墓を継ぐ人を決める方法

お墓は、民法に定められる「祭祀財産(さいしざいさん)」の一つであり、お墓の使用権取得者が亡くなれば、次の世代の人にお墓を守ってもらう必要があります(祭祀継承)。このとき、誰にお墓を継いでもらうかについては、従来の慣習通り長男を指名するのが一般的ですが、法的に認められた「遺言書」に意思表示をすれば、長男以外の親戚や友人などを祭祀継承者として指名することができます。

遺言書の種類

遺言書には、遺言者(遺言を書く人)が危篤状態であるなど特別な状況においてのみ適用される「特別遺言書」と、一般的に知られている「普通遺言書」の2種類があります。お墓を誰に継ぐかについては、ほかの財産と同様に、普通遺言書の方式で作成します。なお、普通遺言書には、作成方法や証人の有無などにより、「公正証書遺言」「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類に分けられています。それぞれに、メリット・デメリットがあるため、あらかじめ特徴を把握しておくことが大切です。

公正証書遺言
遺言者に加え2名の証人と公証役場へ出向き、遺言者が口述した内容を公証人が記述する方式で作成する遺言書です。普通遺言書の中でも最も信頼性が高く、紛失してしまう心配もありません。ただし、相続しようとする財産が大きくなるほど、遺言書作成にかかる費用が割高になります。

自筆証書遺言
自分で便せんと印鑑を準備し、自筆で内容を記載する遺言書です。最も簡単に作成できる遺言書ですが、法的に遺言書として認められる方式で作成されていないものも、しばしば見受けられます。例えば、日付の記載方法が間違っていたり、捺印(実印)を忘れてしまったりすると、遺言書としての効力を発揮できなくなってしまうため、注意が必要です。

なお、自筆証書遺言の作成に証人は不要ですが、封印されているものを開封する場合は、家庭裁判所で開封する必要があります。

秘密証書遺言
自分で作成した遺言書を2名の証人のもと封筒に入れ、遺言書に押印した印鑑と同じ印鑑で封印したものを公証人役場に持参します。公証人役場では、遺言書が提出された事実を証明してくれますが、遺言書の保管は、自分自身で行う必要があります。遺言書の内容を誰にも知られたくないときに活用されますが、内容の不備によりトラブルに陥ることも少なくありません。

遺言書でお墓を継ぐ人を決めるには?

遺言書でお墓を継ぐ人を決めるには、遺言書に「遺言者は祖先の祭祀を主催するものとして○○を指名する」といった内容の一文を記載します。遺言書の種類は、上に紹介したいずれかの方式で問題ありません。継承者に指名された人は、遺言書の内容に従い、一切の祭祀財産(お墓・仏壇・位牌・家系図など)を管理することになります。

お墓の継承者は、遺言書で指名することができます。ただし、遺言書の内容に不備があると、法的な効力を発揮できない場合があるため、注意しなければなりません。お墓の継承者を指名しなければならなくなったときに備えて、遺言書の種類や書き方について把握しておきましょう。


「【終活】安心の為に」の関連記事




カテゴリー:【終活】安心の為に   最終更新日:2016年12月23日
冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集