終活とは

団塊の世代を中心に、定着してきた終活(しゅうかつ)という言葉ですが、なんともうまい名称でしょう。さてこの終活という言葉は、いつから使い始めた言葉でしょうか。

終活の起源

定着した終活ブーム

定着した終活ブーム

終活という言葉を初めて作り起源とされているのが、週刊朝日で2009年に連載した特集記事だそうです。就職活動のことを大学生の間では就活(しゅうかつ)と短く言われ始め、その就活を一文字変えて“終”活ともじった記事が、年配者の心の響き、社会に受け入れられたのだと考えます。
2012年には流行語大賞にノミネートされ、「終活」は誰もが知る言葉となりました。

その後、終活をタイトルにした特集雑誌や書籍が続々と販売されたのは、皆さん御存知の通りです。

終活を行うメリット
・治療・介護の方法を明確化で無駄な費用を避ける
延命治療の拒否尊厳死の意思表示
・家族でも知らない通帳や証書パスワードなどの情報を伝え負担軽減
・遺言書などを作り、資産と負債の明確化で不安軽減
・資産にならない趣味の品物の分配で遺志を残せる
・葬儀の方法や規模を決め、葬儀社とのトラブル回避
・葬儀にお呼びする会葬者の連絡先を伝えて負担軽減
・菩提寺へ事前連絡や霊園・お墓の手配でご家族の負担軽減
墓の中まで持って行こうと思っている品物の処分(これ大切)

終活を行うデメリット
特になし
デメリットは特にありませんが、ご家族の中に、何か得をしたいと考える方にとっては、終活なんかしないでほしいと思うかもしれません。

終活を始める方法として、これもブームを呼んだ「エンディングノート」を記入し始めては如何でしょうか。エンディングノートは、普通の大学ノートでも構わないのですが、書店で購入(1,000円前後)できる専用のノートをおススメします。
専用ノートを使うことで遣り残しをチェックする機能がありますので、是非御購入して終活のガイドラインとして使うのは如何でしょうか。


「【終活】安心の為に」の関連記事



関連タグ:
カテゴリー:【終活】安心の為に   最終更新日:2013年9月2日
冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集