日本の風習ニュースのトップ >>  【終活】安心の為に > 終活で気をつけたい墓友のこと

終活で気をつけたい墓友のこと

家族以外の知人と一緒にお墓に入るというケースが増えてきています。そんなふうに一緒にお墓に入る相手のことを「墓友(墓友達)」と言います。似た境遇や死生観を共にする者同士が、同じお墓に入ることを約束し、交友を深めることで「自分の死後も決して孤独ではない」という安心感を得られるので、終活のひとつとして近年高い関心を集めています。

終活にあたって墓友を必要とするケース

生涯独身を貫く「おひとり様」にとって、墓友は必要不可欠な存在と言っても過言ではないかもしれません。もちろん、先祖代々受け継ぐお墓に入る選択肢もありますが、自分の死後、お墓を守る人がいなければ無縁仏となるリスクが高まります。お墓がなければ、たった一人で葬儀やお墓の手配をしなくてはならず、費用面での負担も大きくなりがちです。生前から、心通った友人と一緒に入るお墓を準備していれば、費用負担を軽減できるだけではなく、最期を迎える不安や孤独感を払拭することができます。

共同墓の納骨方法と費用について

「墓友(墓友達)」同士で入るお墓として、共同墓というお墓があります。ここでは、その概要に加え、納骨方法と費用についてご案内します。

共同墓とは?
血縁関係のない墓友同士が入るお墓は、「共同墓」と呼ばれます。一カ所に、たくさんの人が埋葬されているため、お盆・お彼岸の時期に限らず、多くの人が供養に訪れる様子が見られます。管理元の寺院や葬儀会社が、責任をもって管理してくれるため、お墓が荒らされたり、無縁仏になってしまったりする心配もありません。

納骨方法
一人一人別々の骨壺で安置されるもの、一定期間が過ぎるとほかの遺骨と一緒に埋葬(合祀)されるもの、骨壺に安置せず、はじめからほかの遺骨と一緒に埋葬するものなど、共同墓地によって納骨方法が異なります。また、遺骨の安置場所としては、一般的なお墓と同様に、大きな石碑の下に納めるもの、樹木(シンボルツリー)の周りに遺骨を埋めるもの、鍵付きロッカーに納めるものなど、様々なスタイルがあるため、事前にいくつかの墓地を見学しておくと良いでしょう。

費用
共同墓にかかる費用は、10~50万円が平均と言われていますが、場所や納骨方法によっては100万円以上の費用がかかる場合もあります。費用の内訳には、共同墓使用料、永代管理料、納骨料など一式が含まれるのが一般的ですが、このほかに納骨者氏名の刻字料や、生前申込者に対して入会費や年会費を徴収する共同墓もあります。

共同墓を決める際の注意点

共同墓を決める際は、周辺環境や埋葬方法、料金体系はもちろんのこと、信頼できる管理母体かどうかも念入りに調査しておきましょう。万が一、共同墓の運営母体が廃業した場合、遺骨はどのように扱われるのかまで知っておくことが重要です。

また、どんなに墓友同士が意気投合していても、お互いの家族や親戚の意向に配慮せずに共同墓を決めてはなりません。お墓参りに訪れた際にトラブルが生じてしまうことのないよう、両家間で十分に話し合っておくことが大切です。共同墓を選んだ理由や経緯を記した「エンディングノート」などをのこしておく方法もおすすめです。

終活で墓友と出会うことで、より自分らしい最期を迎えようとする人が増えています。血の繋がりを越えた新しい絆は大変すばらしいものですが、のこされた家族に負担をかけないよう、しっかりと意思疎通を図りながら準備を進めていきましょう。


「【終活】安心の為に」の関連記事




カテゴリー:【終活】安心の為に   最終更新日:2016年12月23日
冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集