日本の風習ニュースのトップ >>  【終活】安心の為に > エンディングノートにはどんな内容を書けばよ

エンディングノートにはどんな内容を書けばよいの?

自分の死後に残すメッセージや葬儀、身のまわりの整理に必要な覚え書きを自由に書き記し、一冊のノートにまとめたものを「エンディングノート」と呼んでいます。法的なルールに従って書く遺言書とは異なり、残された家族に対して強制力を発揮することはありませんが、自分らしい最期を迎えたいという思いを残す上で大きな価値があるでしょう。万が一、突然の病気で入院や介護が必要になった場合などにも役立ちます。

エンディングノートを残すメリット

エンディングノートは書き記す人の情報を細かく記載するものです。ですので、残された家族にとって初めて知るような内容もあるかもしれません。

例えば、本人の交友関係や仕事でお世話になった人については、なかなか知るチャンスがありませんが、連絡先とともに、どんな関係かが記載されていれば、葬儀の際、漏れなく連絡をとることができます。また、遺品整理や形見分けについても同様に、身のまわりの品々に込められた思いが記載されていれば、なにをどう整理するか検討をつけやすく、家族の負担軽減に繋がります。

エンディングノートは、作成する本人にとってもメリットがあります。今までの人生をじっくりと振り返り、一つ一つ項目を埋めていくことで、自分が大切にしてきたことや、やり残してしまったことに気付くきっかけが得られるでしょう。それらの気付きは、残された日々をどのように生きていけばよいか考える道標となり、新しい目標や楽しみへと広がっていきます。

エンディングノートに書く内容

自分の情報
氏名、生年月日、出生地、家系図、学歴、職歴、資格など、「履歴書」と同様の内容を記載します。また、「自分史」を簡単にまとめておくと、家族が故人の生い立ちを振り返ることができます。

友人のリスト・仕事の関係者
交流のある友人・知人、仕事でお世話になった人など、「葬儀には是非とも呼んでほしい」人の名前と連絡先の一覧表を作成します。

医療・介護関係
既往歴、常備薬、かかりつけ医、延命治療の可否など、急に病に倒れた際に医療機関で求められる情報を記載しておきます。家族同様に可愛がるペットがいる場合も、同様の内容を記載しておくと良いでしょう。

資産のこと
保険、株、貯金、住宅ローンなどの債務、クレジットカードの情報、遺言書の有無や遺産相続の方針、形見分けの詳細について記載します。ただし、家族以外の人に見られてしまった場合に備え、銀行カードの暗証番号などは、「ゼロからはじまる4桁」などとヒントのみにとどめた方が安全です。

葬儀のこと
葬儀の場所や形式(家族葬・個別葬など)に希望があれば記載しておきます。宗派や戒名についても、残された家族が悩みやすい部分ですので、意向を伝えておくと安心です。

お墓のこと
もしもお墓がなければ、費用はどうするか、お墓ができるまで遺骨はどこに保管するか、だれがお墓を継承するかなど記載しておきます。

人生最期の日について考えたり、書き記したりするのは、決して縁起の悪いことではありません。むしろ、余生について前向きに捉え、毎日を豊かに過ごすための力を与えてくれるでしょう。自分のためにも、残された家族のためにも、エンディングノートを作成してみてはいかがでしょうか。

冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集