お墓参りに必要な持ち物

故人を偲び、その冥福を祈ったり、先祖に進学や就職、結婚や出産などの人生の転機を報告したりする際に行うお墓参り。故人の命日や正月、お盆に加え春や秋のお彼岸などの節目に出掛けることで、残された人が気持ちを整理し、新たな気持ちで人生に臨むことができる大切な行事です。

お墓参り(イメージ)

お墓参り(イメージ)

そんなお墓参りですが、どのような持ち物を持参するのが良いのでしょうか? 今回はお墓参りに必要な持ち物、あると便利な物などをまとめてみました。

お墓参りに必要な持ち物

お墓参りに必要な持ち物というと、まず思い浮かぶのがお線香に数珠でしょう。

また、お線香だけを持参しても、ライターやろうそくを忘れてしまっては台無し。お墓参りに欠かせないこうした道具類は、セットにして収納しておくことで当日に忘れてしまうのを防ぐことができます。

香炉にお線香(イメージ)

香炉にお線香(イメージ)

お墓参りでご冥福を祈る

お墓参りでご冥福を祈る




そのほか、仏花や故人の好物などのお供え物、さらにそれらを備える際に必要な花鋏(はなばさみ)や敷き紙なども忘れてはいけません。

ただし、カラスに狙われて墓所の環境が悪化するのを防ぐために、墓地や霊園によっては食べ物や飲み物、生花を備えることを禁止している場合も。事前に墓地や霊園におけるお墓参りのルールを確認しておくことが大切です。どうしても食品をお供えしたい際には、お参り後に持ち帰ると良いでしょう。

掃除道具や季節に合わせた対策もお忘れなく!

お墓参りをする際には、お墓の掃除をすることも多いでしょう。お参りに行くときには、お墓掃除に必要なバケツやたわし、ほうきやゴミ袋に加えて、草むしりの道具なども合わせて持っていくことで、お墓の環境を気持ちの良い状態に整えることができます。

古いお墓(イメージ)

古いお墓(イメージ)

お墓のお掃除(イメージ)

お墓のお掃除(イメージ)




もし、あなたがお墓の所有者であれば、多くの人がお参りするシーズンを迎える前に、きちんと機会を設けてお墓掃除のための訪問をしておくことで、ほかの親族に気持ち良くお参りをしてもらうことができます。

もしお墓に水をかける場合(宗派によってはかけないこともあります)、また水鉢の水を入れ替える場合には、ひしゃくや手桶が必要となります。これらの道具は霊園や寺社で借りられることも多いので、お参りに行く前に調べておくと良いでしょう。

屋外の草むらに近いお墓の場合、夏場は蚊に刺されてしまうケースも。また、正月のお墓参りでは、寒さや雪への備えも必要となります。ロケーションに合わせて虫除けスプレーや日焼け止めの持参、防寒具の用意などの対策を忘れないようにしましょう。

仏花やお供え物を選ぶ際の注意点

仏花を選ぶ際に気を付けたいのが本数です。お墓には仏花を供える箇所が2つあることが多く、そのときは左右合わせて2束を用意し、1束の本数も3本、5本といった奇数であることが一般的。

ご先祖さまのご供養(イメージ)

ご先祖さまのご供養(イメージ)

3本の場合は白、黄、紫を組み合わせ、5本の場合はこれに赤、ピンクを加えて組み合わせると良いでしょう。匂いがきついお花や毒をもつお花、バラのように棘のあるお花は仏花には使いません。

お供え物に関しては、「仏様に肉類、魚介類をお供えしてはいけない」というのが通説。とはいえ、故人の好物を供えることに関しては問題ないはずです。その墓地や霊園が食べ物のお供え物を許可している場合に限り、供えるようにしましょう。

お墓参りは先祖を偲び、故人へ思いを馳せることができる大切な時間です。必要な物は事前に準備を整えて、気持ち良くお参りができるようにしましょう。


「【祭】ご先祖様に感謝」の関連記事



関連タグ:
カテゴリー:【祭】ご先祖様に感謝   最終更新日:2015年10月15日
冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集