日本の風習ニュースのトップ >>  【祭】ご先祖様に感謝 > 墓石にはどんなデザインの文字を刻む?

墓石にはどんなデザインの文字を刻む?

最も伝統的な和型墓石(縦型)の場合、墓石に刻まれる文字の内容や位置はある程度決められています。「家名」、「建立年月日や建立者名」、「戒名や法名」、「没年月日」を基本とし、建立者の希望によって家紋や信仰する宗教の経文や梵字を加えるのが一般的です。

お墓に刻む文字も様々

お墓に刻む文字も様々



これに対して、比較的歴史に浅い「洋型墓石(横型)」や「デザイン墓石」は、伝統的な形にこだわらず、建立者の好みやセンスで彫刻する文字を決めることができます。

そこで今回は、墓石に刻む文字のデザインについて解説します。

墓石に刻む文字は自由に決められる?

無宗教、無宗派であれば、文字の内容や字体に特別な決まりはありません。家名や戒名以外にも、好みの言葉や絵柄を刻むことができます。

最近では、「愛」、「絆」、「和」、「ありがとう」など故人や家族を象徴する漢字や、故人が生前愛した歌の歌詞や俳句を刻む墓石が見られます。墓石に込められる思いは時代と共に変化しており、それぞれ思い思いの形で墓石を購入する人が増える傾向にあります。

洋型墓石の刻印(イメージ)

洋型墓石の刻印(イメージ)

墓石に刻む文字「先祖代々の墓」(イメージ)

墓石に刻む文字「先祖代々の墓」(イメージ)




ただし、伝統的な和型墓石の場合はある程度形が決まっているため、自由度が低いかもしれません。また、信仰する宗教や宗派、建立する寺院によってもその決まりは異なります。

例えば、浄土宗や浄土真宗では正面に「南無阿弥陀仏」、神道では「○○家奥都城」と彫刻する慣わしがあります。日蓮宗では「南無妙法蓮華経」、日蓮正宗では「妙法蓮華経」の文字を、独特な髭題目(文字が髭のように、独特に延びる書体)で表す伝統があります。

墓石を建立する寺院や墓地独自の決まりがある場合もあるので、事前に確認をしておきましょう。

墓石に刻む書体の種類とは?

墓石に刻む文字は、どの書体(文字の種類)を選ぶかどうかによってイメージが全く異なってきます。書体は何種類もあるものの、中でも「楷書体」、「隸書体」、「行書体」、「草書体」などが一般的です。

特に希望がなければ、最も読みやすいとされる楷書体で彫刻されることが多いですが、少し崩した書体にしたい場合は「行書体」が選ばれます。また、波を打つような特徴的な隸書体、字画に独特な省略が施された草書体も人気があります。

なお、同じ書体でも浮かし彫り、点刻など、彫刻技術の違いによって文字の印象が変わってきます。

既存の書体以外にも、故人や建立者の直筆文字をそのまま活かした彫刻ができることもあります。墓石の大きさや色、質感に応じ、文字をバランスよく配置できるよう、石材店に相談をしながら彫刻を進めていきます。文字が小さ過ぎたり、画数が多かったりすると彫刻が難しいだけではなく、彫刻部分に汚れが溜まりやすくなることがあるので注意が必要です。

森鷗外のお墓 本名の森林太郎と彫刻

森鷗外のお墓 文字は中村不折の筆

先祖累代之墓(イメージ)

楷書体 先祖累代之墓(イメージ)



墓石に刻む文字に悩んだときは、故人が好きだったものや座右の銘から選ぶのもおすすめです。一度彫刻した文字は、一代限りではなく末代まで受け継がれていくものですから、親戚間で内容やイメージについてよく話し合い、さらに漢字の間違いなどがないかどうかを確認した上で注文するようにしましょう。


「【祭】ご先祖様に感謝」の関連記事



関連タグ:
カテゴリー:【祭】ご先祖様に感謝   最終更新日:2015年9月5日
冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集