日本の風習ニュースのトップ >>  【祭】ご先祖様に感謝 > お墓を別の場所に引っ越しをする方法と注意点

お墓を別の場所に引っ越しをする方法と注意点

墓地に埋葬されている遺骨を、別の場所へ引っ越しさせることを「改葬」と呼びます。最近では、「遠く離れた故郷にあるお墓に、なかなかお参りに行けない」、「近くにお墓を守る親戚が居なくなってしまった」などの理由により、自宅近くに改葬を考える人が増えている傾向にあります。

古いお墓(イメージ)

古いお墓(イメージ)




生活圏内に先祖代々のお墓があれば、いつでも故人に手を合わせることができますし、将来的には子供たちへの負担軽減にも繋がります。今回は、お墓を別の場所に引っ越す方法と注意点を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

お墓の引っ越し先を探す方法

墓地は、その運営形態によって「公営霊園」、「民営霊園」、「寺院霊園」に大別することができます。宗旨や宗派を限定せず、比較的安い費用でお墓を建立できるのが「公営霊園」です。

公営霊園(イメージ)

公営霊園(イメージ)

民間霊園(つくば市・牛久沼聖地公苑)

民間霊園(つくば市・牛久沼聖地公苑)




自治体が運営している安心感があることから人気が高い一方で、なかなか希望の地区や区画を選べないというデメリットがあります。また、申込時の制約が多い場合も少なくありません。

一方、財団法人や社団法人などから委託を受けた民間会社が運営する「民間霊園」は、公営霊園に比べ制約が少なく、設備が充実しているのが特徴です。費用はやや割高になるものの、環境や立地などの面においてさまざまな選択肢があります。

寺院霊園(イメージ)

寺院霊園(イメージ)

お寺が直接管理、運営をする「寺院霊園」は、供養面で最も信頼をおけるものの、宗旨や宗派が限定され、供養に掛かる費用も割高になります。
さらに、お寺とのお付き合いも必要になるので、長期的な視点で慎重に考えて選択しなければいけません。


お墓の引っ越し先を探す際には、それぞれの運営形態のメリットやデメリットに加え、立地、交通の便、設備環境、区画の広さ、申込条件などを十分に比較検討した上で候補地を絞っていきましょう。霊園検索サイトを活用して、短期間で効率よく条件にあった場所を選ぶのもおすすめです。

新しいお墓へ引っ越しするまでの手順と注意点

新しいお墓が決まったら、その管理者に「受入証明書」を交付してもらいます。同時に、現在のお墓に対しては、引っ越しの許可を得る必要があります。引っ越しをする理由を説明し、これまでの供養に対する感謝の気持ちをしっかりと伝えれば、承諾を得やすくなるはずです。

その後、現在のお墓がある墓地管理者から「埋蔵証明」を発行してもらい、現在お墓のある市町村役所へ「受入証明書」と「埋蔵証明」を添えて「改葬許可申請書」を提出します。申請が受理されますと「改葬許可証」が発行されます。

書類の手続きが済んだら、墓石の撤去や新しい墓石の建立工事の段取りに移ります。墓石を撤去する際には、「閉眼供養」といった宗教儀式を行います。遺骨の運び出しは、骨壺が割れないよう風呂敷に包んで丁寧に行い、新しい墓石が完成するまで引っ越し先の墓地といった場所で安置します。

墓石が完成したら、管理者に「改葬許可証」を提出すると共に、各宗旨、宗派の方法に従った「開眼供養(魂入れ)」を行い納骨します。

現在お墓がある墓地によっては、引っ越しに伴う「離檀料」を請求される場合もあります。後になって高額な離檀料を請求され、トラブルとなるケースも少なくないため、お墓の引っ越しを考えた際には、早めに相談をしておくようにしましょう。

お墓の引っ越しは、法律に基づいた一定の手順にしたがって進めなければなりません。改葬をする際には、信頼できる石材店や霊園管理者などに相談し、正しい手順を把握しておくようにしましょう。また、後々トラブルが起きないよう、寺院の住職や親戚間であらかじめ相談をして合意を得ておくと安心です。


「【祭】ご先祖様に感謝」の関連記事



関連タグ:
カテゴリー:【祭】ご先祖様に感謝   最終更新日:2015年7月23日
冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集