日本の風習ニュースのトップ >>  【祭】ご先祖様に感謝 > お墓を建てるのに必要な費用はどれくらい?

お墓を建てるのに必要な費用はどれくらい?

お墓を建てる際に掛かる主な費用は、「墓石建立費用」、「墓地購入費」、「開眼供養や納骨法要費用」の3つに大別することができます。これらの費用をひとまとめにして「一式○○○円」と表示している石材店があるものの、一式の中にどんな項目が含まれているのか確認しないまま購入すると、後々思わぬ出費に悩まされることになりかねません。

お墓の種類 洋型墓石・和型墓石(イメージ)

お墓の種類 洋型墓石・和型墓石(イメージ)


納骨法要時に納めるお布施、親戚との食事などの細かい出費も含め、余裕をもって予算を立てておくと安心です。今回は、お墓を建てるのに必要な費用を紹介します。

お墓を建てるのに必要な主な費用の内訳

お墓を建てる際に必要となる費用のうち、もっとも高額になることがあるのが「墓石建立費用」です。墓石建立費用には、石材費と文字彫刻などの石材加工費、付属品設置費、基礎工事および石碑工事費が含まれます。石材の種類や大きさ、区画の広さや状態によって通常よりも長く工期が必要になる場合は、その分費用も割り増しになる可能性があります。

お墓の磨き作業(イメージ)

お墓の磨き作業(イメージ)

お墓の彫刻(イメージ)

お墓の彫刻(イメージ)




「墓地購入費」の主な内訳は、墓地の永代使用料と墓地の維持管理費の二つです。永代使用料は、墓石を建立する区画の使用料金を指します。墓地の維持管理費は、墓地内の参道整備や清掃、水道設備の維持などに使用され、1年分といったようにある程度まとめて納入するケースが多いようです。

無事にお墓が完成した後にも、費用が掛かります。新しく建てたお墓に遺骨を埋葬する際には、開眼供養または納骨法要などの儀式を行うため、ここでお寺の住職へ渡すお布施や花代、親戚との会食費などが必要になります。

お墓を建てる場所(墓地)によって異なる費用

お墓を建てる際に必要となる費用の総額は、約150万円~300万円と言われています。墓石の種類やオプション品の数、オーダーメイド品の有無によってはさらに高額となる場合もあるものの、実際には200万円以内で建立している人が多いようです。

ただし、お墓を建てる場所によって費用は大きく異なります。永代使用料の全国平均は70万円前後ですが、市街地に近く立地条件の良い墓地や有名寺院墓地では数100万円に上るケースも珍しくありません。

お墓の販売区画(イメージ)

お墓の販売区画(イメージ)

お墓の開眼供養、納骨式(イメージ)

お墓の開眼供養、納骨式(イメージ)




寺院墓地では、永代使用料や墓地の維持管理費用のほかに、入檀料や寄付金、寺院維持費が掛かることがあります。お墓を建てた年だけではなく、その後も定期的に費用が発生するため、寺院墓地の使用を検討する前に費用の詳細を把握しておくようにしましょう。

また、使用する区画が広ければ広いほど、施工に掛かる材料を多く必要とするため、費用も割り増しとなります。通路が狭く重機が入り込めない墓地など、施工条件が悪い場所では、特殊な機材を持ち込むための費用や人件費が掛かるので、別途予算が必要になることも。

お墓を建てるときには、墓石の建立以外にもさまざまな費用が掛かります。墓地の立地や広さによって、一般的な相場よりも高額な費用が必要になる場合があるので、墓石の値段だけを見て購入せず、費用の詳細を石材店や墓地管理者にあらかじめ確認し、建立から納骨までに掛かる費用をしっかり把握しておくようにしましょう。


「【祭】ご先祖様に感謝」の関連記事




カテゴリー:【祭】ご先祖様に感謝   最終更新日:2015年10月15日
冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集