日本の風習ニュースのトップ >>  【祭】ご先祖様に感謝 > 年忌法要(ねんきほうよう)で御供養

年忌法要(ねんきほうよう)で御供養

亡くなった人の祥月命日(しょうげつめいにち)に営む追善供養の法要を年忌法要と言います。祥月命日とは、いわゆる命日と略されることが多い。
年忌法要を通じて、故人の追善供養と家族の安全と繁栄を願います。追善供養とは、亡くなった方に代わって善行、この場合は法要を行うことで極楽浄土での幸せを祈ります。

仏壇前の法要の様子

仏壇前の法要の様子

また、年忌法要は数え年を使うので、お亡くなりになった年を1年と数え2年後の命日は三周忌と呼びます。

一周忌は、亡くなった年の翌年祥月命日に行われる法要で、三回忌は満2年目に営まれる法要で、特に重要な年忌法要とされています。以後、以下の表のように年忌法要を営みます。

年忌法要の一覧

名称 年数
一周忌 命日から満1年目
三回忌 命日から満2年目
七回忌 命日から満6年目
十三回忌 命日から満12年目
十七回忌 命日から満16年目
二十三回忌 命日から満22年目
二十五回忌 命日から満24年目
二十七回忌 命日から満26年目
三十三回忌 命日から満32年目
以降年忌法要を行わない、弔い上げとする場合があります。
五十回忌 命日から満49年目
以降年忌法要を行わない、弔い上げの法要とする。
百回忌 命日から満99年目

それ以降は、50年毎に150回忌、200回忌と法要するのですが、ほとんどの方はそこまで行いません。また、宗派や地域によって法要の回数や時期が異なる場合がありますので、お寺さんにお尋ねください。


「【祭】ご先祖様に感謝」の関連記事



関連タグ:
カテゴリー:【祭】ご先祖様に感謝   最終更新日:2013年8月29日
冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集