日本の風習ニュースのトップ >>  【冠】祝いの時 > お祝いの熨斗袋(ご祝儀袋)

お祝いの熨斗袋(ご祝儀袋)

お祝いの際にお渡しするご祝儀、入れる袋や包みをご祝儀袋といいます。実際にご祝儀を用意する事になったとき、その袋や包み方に悩まされてしまう方も多いことでしょう。ご祝儀袋の売り場に行ってみると、いくつかのタイプがありますが、基本的にご祝儀袋は2種類しかありませんので、ポイントをしっかりおさえれば後ろ指刺されない大人としての振る舞いになるでしょう。

熨斗袋の起源

熨斗(のし)とは本来、ご祝儀袋の右上にある細身の六角形の飾りの中にある鮑(あわび)、もしくは海産物を干し、薄く熨したものを指します。
熨斗は、日本古来より行われている神前にささげるお供え物でした。貴重な海産物を手間隙かけて熨し、長期保存が可能なことから長寿の願いも込められています。

熨斗袋(ご祝儀袋)の種類

熨斗袋にはその用途に応じて2種類しかなく難しいことはありません。
結婚式や婚礼で使用される御祝儀袋は、水引があわび結びに代表される「結い切り」です。それ以外のお祝いは水引が「蝶結び」です。

ご祝儀袋の結い切り結びと蝶結び

ご祝儀袋の結い切り結びと蝶結び

せっかくのお祝いの席で、熨斗袋の使い方を間違えると少し恥ずかしいので、しっかりと覚えておきましょう。

また、結婚式において豪奢なご祝儀袋を用意してしまうと、中に入れる金額も相当に張らなければならないかもしれません。ご祝儀袋は自己アピールの手段ではないので、相応な袋にしておいたほうが良いでしょう。

中には数万円するご祝儀袋があり、通常は色紙で代用することが多い熨斗を本物の鮑の熨斗を使い、最高級の和紙で作られています。


「【冠】祝いの時」の関連記事



関連タグ:
カテゴリー:【冠】祝いの時   最終更新日:2013年9月2日
冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集