成長の喜びと節句

出産の喜びから、あっと言う間に成長したように感じることも多い子供たちですが、健康に大きくなれたことに感謝しこれからの成長をお願いするのが初節句です。

毎年、三月三日は女の子の桃の節句「ひな祭り」です。
一年の中の五節句のうちの一つとして数えらており、今でも女の子のいる家では雛人形を出しお祝いの会を開きます。白酒や草餅、蛤のお吸い物がひな祭り定番の食事で、お赤飯やちらし寿司など華やかな料理を並べお祝いします。

雛人形の慣わし

桃の節句のひな祭り

桃の節句のひな祭り

ひな祭りは平安貴族の子供たちの遊びが起源とされ、災いを川に流す「流し雛」などと融合することで儀式的な意味合いが加わりました。
お内裏様(おだいりさま)とお雛様(おひなさま)は、高貴な身分として考えられており、天皇陛下と皇后陛下を象徴しているものとも言われておりますので大切に扱いましょう。

雛人形は妻の実家から送られることが多く、家内安全、子孫繁栄の願いが込められます。よく、雛人形の片づけが遅れると嫁に行くのも遅れると言われ、翌日の三月四日には片付けてしまう方が多いです。せっかく綺麗な雛人形ですから、長く楽しみたいと1ヶ月も前から飾り始める方もいらっしゃると聞きます。

端午の節句の慣わし

端午の節句の鯉のぼり

端午の節句の鯉のぼり

五月五日は男の子の端午の節句です。
端午の節句の起源は、紀元前3世紀に遡り中国にあった楚(そ)の国の政治家、屈原(くつげん)にあります。楚の国の王、懐王(かいおう)に対し屈原は、隣国の秦の謀略を進言するも受け入れられず、楚は秦に乗っ取られてしまいます。楚の未来に絶望した屈現は、川に入り自らの命を絶ちます。遺体を魚に食べられないようにチマキを川に投げ入れたとの逸話もあります。

屈原の行動に感銘し、無念の死を悼む人々により行われた儀式が端午の節句の始まりとされています。

≪日本流の端午の節句≫

端午の節句に飾られる鎧兜

端午の節句に飾られる鎧兜

日本においては、奈良時代(8世紀)に行事の催しの記述のある端午の節句です。当初は、穢れ(けがれ)を祓う宮中女性の行事とされ、邪気を祓うとされる菖蒲(しょうぶ)を使っていたと言われています。

鎌倉時代になって、菖蒲の語感からくる印象と菖蒲の葉が刀に似ていることから男の子の節句に変わっていきます。

現代においては、滝を勢い良く登る鯉を立身出世の象徴とした鯉のぼりを上げ、男子としての成長を祈り鎧兜や刀を飾る風習があります。
端午の節句では、屈原のお話にちなんだチマキや柏餅を食べたりします。

現代では否定されることもある、男らしさや女らしさを感じる節句のお祭りですが、子孫の健康を感謝し成長を祈願する気持ちは、今も昔も変わりません。


「【冠】祝いの時」の関連記事



関連タグ:
カテゴリー:【冠】祝いの時   最終更新日:2013年8月27日
冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集