冠婚葬祭 日本の風習最新ニュース

冠婚葬祭とは人生において必ず訪れる節目です。
日本人として知っておきたい冠婚葬祭の作法やマナーは、我が国固有の風土に根ざし、相互の絆によって培われたものです。

人が生まれ成長し死んでいく。その人生の流れの中で必ず訪れる節目で営まれる風習が冠婚葬祭ではないでしょうか。冠婚葬祭は時代の変化においても、受継がれた日本の伝統文化として、人生の喜びや悲しみを表す作法として存在しています。

時代の流れに合わせ進化する冠婚葬祭

都市化、核家族化、晩婚化、少子化、などあらゆる社会変化に伴い、冠婚葬祭も大きく変貌してきました。例えば結婚では恋愛結婚が一般的となり、仲人さんを立てずに婚礼を行うのが普通となりました。キリスト教式の結婚式が定着している中において、高島田を結う神道式婚儀も復活の兆しがあります。

伝統も大切にしつつ時代に合わせた冠婚葬祭は、和を大切にしながら新しい文化を否定しない、日本らしい文化なのかも知れません。

当サイトでは、冠婚葬祭の由来や風習、現代におけるマナーなどはもちろん、最新の冠婚葬祭ニュースを発信していきます。


冠婚葬祭サイトの最新記事


最新記事の一覧

15_終活とは?なぜ今必要とされているのか?
終活とは?なぜ今必要とされているのか?
「終活」という言葉が広く知られるようになり、生きているうちに、自分の死について語ることは「縁起が悪い」といったイメージが払拭されつ

16_エンディングノートにはどんな内容を書けばよいの?
エンディングノートにはどんな内容を書けばよいの?
自分の死後に残すメッセージや葬儀、身のまわりの整理に必要な覚え書きを自由に書き記し、一冊のノートにまとめたものを「エンディングノー

遺言でのお墓を継ぐ人を決める方法
遺言でのお墓を継ぐ人を決める方法
お墓は、民法に定められる「祭祀財産(さいしざいさん)」の一つであり、お墓の使用権取得者が亡くなれば、次の世代の人にお墓を守ってもら

終活における遺品整理について
終活における遺品整理について
人生最期の日をより良く迎えるために行われる様々な準備活動を「終活」と呼んでいます。数ある終活の中でも、遺品整理(または生前整理・形

独身の場合の終活はなにをすればよいの?
独身の場合の終活はなにをすればよいの?
自分自身が理想的な死を迎えるため、またはのこされた家族に負担をかけないよう、生前のうちに葬儀の手配や相続の準備、遺品整理などを行う

終活をする際の保険の考え方
終活をする際の保険の考え方
病気やケガ、介護、死亡など、人生におけるさまざまなアクシデントに備える生命保険。子供が独立すると生命保険は不要と考える人も少なくあ

終活で気をつけたい墓友のこと
終活で気をつけたい墓友のこと
家族以外の知人と一緒にお墓に入るというケースが増えてきています。そんなふうに一緒にお墓に入る相手のことを「墓友(墓友達)」と言いま

洋型墓石(左)と和型墓石(右)
お墓のお話
終活ではお墓建立は重要ポイントの一つですので、ご自身が後悔のないよう、継承するご子息さまが納得するお墓を建てることが望まれます。

洋型墓石(イメージ)
お墓の種類と選び方
残された家族に負担を掛けないよう、元気なうちに自分が入るお墓を持ちたいと考える人は少なくありません。生前にじっくりと時間を掛けて「

お墓の開眼供養、納骨式(イメージ)
お墓を建てるのに必要な費用はどれくらい?
お墓を建てる際に掛かる主な費用は、「墓石建立費用」、「墓地購入費」、「開眼供養や納骨法要費用」の3つに大別することができます。これ

香炉にお線香(イメージ)
お墓参りに必要な持ち物
故人を偲び、その冥福を祈ったり、先祖に進学や就職、結婚や出産などの人生の転機を報告したりする際に行うお墓参り。故人の命日や正月、お

お墓に刻む文字も様々
墓石にはどんなデザインの文字を刻む?
最も伝統的な和型墓石(縦型)の場合、墓石に刻まれる文字の内容や位置はある程度決められています。「家名」、「建立年月日や建立者名」、

ご先祖さまのお墓参り(イメージ)
知っておきたいお墓参りの作法とマナー
お墓参りで最も大切なことは、先祖や故人を思う気持ちです。お墓参りは、特別な作法は決められていないものの、先祖を敬い、故人の冥福を祈

卒塔婆(イメージ)
卒塔婆にはどんな意味があるの?
「卒塔婆(そとば)」と呼ばれる、墓石の後ろに立てられる細長い木片を、皆さん一度は目にしたことがあるでしょう。故人の供養を目的に建て

ご冥福を祈るお墓参り
お墓を別の場所に引っ越しをする方法と注意点
墓地に埋葬されている遺骨を、別の場所へ引っ越しさせることを「改葬」と呼びます。最近では、「遠く離れた故郷にあるお墓に、なかなかお参

冠婚葬祭 最新情報
冠婚葬祭 よくある質問集